【ワイン王国34号4.5獲得!】セグラ・ヴューダスブリュット・リゼルヴァ(泡・白)辛口[Y][A][P][E]

【ワイン王国34号4.5獲得!】セグラ・ヴューダスブリュット・リゼルヴァ(泡・白)辛口[Y][A][P][E]
【ワイン王国34号4.5獲得!】セグラ・ヴューダスブリュット・リゼルヴァ(泡・白)辛口[Y][A][P][E]
販売価格 1,317円

人気キャスターが大暴露! 先日、出勤時、本屋さんの開店を待って、雑誌を手に入れました。

それは雑誌『eclat(エクラ)』の別冊特集… 【別冊】 『美味賢人が選びぬいた夏のお取り寄せ55』 に、コスト・パフォーマンス抜群のカヴァ、セグラ・ヴューダスが紹介されているからです! しかも! オススメして下さったのは、キャスター、タレントとして活躍する一方で、ワインエキスパートの資格も持ち、ワイン雑誌やワイン特集などでも度々活躍されている、宮川俊二さんなのです! 『美味賢人』は全部で8人。

有名和食店総料理長や、料理研究家、『美味しゅう御座います』で、一躍有名となった、食ジャーナリストなどなど、『美味』を知り尽くした賢人ばかり。

そんなお一人、宮川俊二さんがオススメして下さり、しかも、こんな暴露話まで掲載されています。

人気キャスターが大暴露! お値打ち度抜群。

泡好きにおすすめのスペイン産カヴァ シャンパーニュに負けない豊かな味わいと抜群のコスト・パフォーマンスで、泡好きに高評価のカヴァ。

人気に火をつけたのは、宮川さん。

『以前テレビの『ブラインド・テイスティングでドンペリを選ぶ!』という企画で、私が’これがドンペリ!”と太鼓判を押したのが、これ(笑) それぐらい、侮れないんですよ』。

ワインエキスパートの資格者が・・・と話題になり、今や安定した人気を獲得している。

(雑誌『eclat(エクラ)』特集『美味賢人が選びぬいた夏のお取り寄せ55』より抜粋) この企画、以前、TV番組『世界バリバリバリュー』で放映されたのですが、宮川俊二さんと、司会者S氏という、一番舌が肥えているであろうはずのお二人が、セグラ・ヴューダスを… 『これがドンペリ!』 と、言ってしまったから、さぁ、大変! そのコスト・パフォーマンスの高さをつくづく実感した、宮川俊二さん。

今回の特集に推薦して下さるほどの、お気に入りの1本となったようです。

それもそのはず。

セグラ・ヴューダスは、世界的評論家も、太鼓判を押すほど、定評のある美味しさなのです。

そして、そしてっ!! 『素晴らしいお値打ち品』を意味する、“V”マークまで付けられているほど! しかも、F−1の祝杯用としても使用されたり、過去には、日本経済新聞の別紙『NIKKEIプラス1』『お薦めのスパークリング・ワイン』特集で、他より断トツの安さで4位にランクインするなど、今までにも、数々の伝説を作っている、実力派なんです。

そう、ワインを知り尽くした人ほど、そのお値打ちっぷりを実感するから、こんな事が起こってしまうんです。

ドンペリと比べ、10分の1ほどの安さです! これは再び大ブレイクか!? 人気キャスターがおすすめ! TV番組『世界バリバリバリュー』で、ワイン好きなら聞き捨てならない、大変な事件が起こりました! 【企画タイトル】 『ブラインド・テイスティングでドンペリを選ぶ!』 という企画で、何と、希望小売価格16800円(2008年1月からは19950円)のドンペリに、タカムラでず〜っと販売している、1,317円のカヴァが選ばれてしまったのです! しかも、選んだのは、自ら包丁を握り、食にも拘りを見せる司会者S氏と、ワイン・エキスパートの資格を持つ出演者という、一番舌の肥えているはずの2人(;^^) そして、見事その二人に『これがドンペリだ!』と、言わしめたのは、抜群のコスト・パフォーマンスを誇る、セグラ・ヴュータスのブリュット・レゼルバ!! ちなみに今回、番組で飲み較べしたのは、下記の3本です。

▼ドン・ペリニヨン ▼モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル ▼セグラ・ヴューダス ブリュット・レゼルバ だそうです。

セグラ・ヴュータスは、2番目に高いモエ・エ・シャンドンと較べても、3〜4分の1ほどの価格の中のたった1,317円! なのに… 【番組出演者は誰?】 ◆お笑い出身から、今や数々の人気番組の司会者となり、食にも拘りを見せる司会者S氏 ◆ワインエキスパートの資格を持つ出演者 の二人が、セグラ・ビュータスを『これがドンペリだ!』と、断言してしまう、まさかの展開に! この展開に、焦ったのは当の2人だったはずです(笑) が、既に番組の内容は瞬く間に広がっています。

予算に余裕があれば、番組と同じように、3本を飲み較べるのも面白いかも〜! さぁ、皆さんは当てられるでしょうか? 有名芸能人も間違った『コレがドンペリ!』1,317円!! その他にも、このスパークリングは、以前、新聞にも掲載されたことがあるんです♪ どのように掲載されたかというと… NIKKEI プラス1に掲載されました! 毎週土曜日の日本経済新聞の別紙【NIKKEIプラス1】の2004年8月21日号の ≪お薦めのスパークリング・ワイン≫ 特集で、見事第4位に入りましたっ! しかも、上位にランク・インしたスパークリングの中では、 断トツで、低価格ですっ!! 以前より、実店舗でもと〜っても人気のありますが、改めて、そのコスト・パフォーマンスの高さを実感致しました(^O^)v これ、価格のわりに、メチャ安いので、ケース単位で買われる方も、いらっしゃいますよ〜っ♪ 辛口でふくよかなタイプ。

【ワイン王国34】P75 【wkso0202051s】 0400003113798

Leave a Comment