ボランジェ R.D. [1988] (ボランジェ) マグナムサイズ 1500ml Bollinger RD [1988] (Bollinger) 1500ml 【シャンパーニュ】【スパークリング ワイン】

ボランジェ R.D. [1988] (ボランジェ) マグナムサイズ 1500ml Bollinger RD [1988] (Bollinger) 1500ml 【シャンパーニュ】【スパークリング ワイン】
ボランジェ R.D. [1988] (ボランジェ) マグナムサイズ 1500ml Bollinger RD [1988] (Bollinger) 1500ml 【シャンパーニュ】【スパークリング ワイン】
販売価格 1,263,600円

ボランジェは、創設者であるジャック・ボランジェによって1829年に造られ、その名を冠した名門シャンパーニュ・メゾンです。

生産に必要なブドウの約70%を、シャンパーニュ造りに最良とされるグランクリュとプルミエクリュでおもに構成される160haの自社ブドウ畑から供給しています。

また、オーク樽での発酵や、カーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより、世界的な名声を確立しており、1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なメゾンのひとつとなっています。

現在も、設立当時から変わることなくボランジェ一族によって、生産における厳しい基準が保ち続けられ、1992年には、こうしたメゾンが長年守り続けてきた製法と基準を表す“倫理と品質”を『ボランジェ憲章』として発表しました。

継承される伝統によって育まれる、一貫したスタイルとすばらしい品質を誇るシャンパーニュを造り続けています。

是非、大切な方と素晴らしい味わいをお楽しみください。

R.D.はラ・グランダネのアッサンブラージュをベースに、瓶内での熟成期間が長いため、複雑なアロマが発達します。

それでいてRecemment Degorge(レサマン・デゴルジュ)=最近デゴルジュマン(ボトルのコルク栓口に集まった澱を取り除く)による溌剌とした香気と泡立ちが魅力。

シャンパーニュ法では最低の酵母接触期間は3年ですが、ゆったり時間を使い8年以上熟成しないと蔵出しされません。

デゴルジュマンの日付は裏ラベルに記載されます。

フランスで最も信頼あるワイン評価本「クラスマン2007」にて20点満点という結果が発表されました。

『R.D.』は、「Recemment Degorge(レサマン・デゴルジェ)」の略で、「最近デゴルジュマンされた」という意味です。

*商品画像は参考になっております。

お届けは商品名のヴィンテージになります。

≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 シャンパーニュ地方 / ヴァレ・ド・ラ・マルヌ(Vallee de la Marne) アイ村 ●ブドウ品種 ピノ・ノワール65%、シャルドネ35% ●タイプ 白・辛口 ドザージュ(糖分添加):3〜4g/Lのみ。

●内容量 1,500ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。

●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【AOC シャンパーニュ 】 【フランス 白 辛口 】 【シャンパーニュ 白 辛口 】 【クラスマン 3つ星 満点 】 【パーカー 5つ星 満点 】 【ゴーミヨ 5つ星 満点 】 【ボランジェ スペシャル キュヴェ 】 【クリュッグ 】 【ボランジェ ブリュット 】 【ボランジェ スペシャル キュベ 】 【パーカーポイント 96点】 【アール デー】【エール デー】【アール ディ】【エール ディ】 【インターナショナルワインセラー94点 】 【パーカー満点★★★★★5つ星生産者 】Bollingerボランジェ 家族経営の伝統の造りに、一貫した意志を感じる造り手!パーカー5ッ星★★★★★生産者でグラン・ダネが「贅沢なキュヴェの優れた生産者」に選出!ル・クラスマン最高評価3つ星生産者!(最高評価2ツ星★★★はクリュッグとボランジェの2社のみ)!! ボランジェは、創設者であるジャック・ボランジェによって1829年に造られ、その名を冠した名門シャンパーニュ・メゾンです。

生産に必要なブドウの約70%を、シャンパーニュ造りに最良とされるグランクリュとプルミエクリュでおもに構成される160haの自社ブドウ畑から供給しています。

また、オーク樽での発酵や、カーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより、世界的な名声を確立しており、1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なメゾンのひとつとなっています。

現在も、設立当時から変わることなくボランジェ一族によって、生産における厳しい基準が保ち続けられ、1992年には、こうしたメゾンが長年守り続けてきた製法と基準を表す“倫理と品質”を『ボランジェ憲章』として発表しました。

継承される伝統によって育まれる、一貫したスタイルとすばらしい品質を誇るシャンパーニュを造り続けています。

ボランジェのスタイルを決定するのは、第一に家族経営であること、つまり、長期的な視点から高品質に向けての意思決定が出来ること。

例えば、グラン・ダネでは、使用するブドウの75%がグラン・クリュであり、25%がプルミエ・クリュ。

ピノ・ノワールの比率が62%と高いが、そのうち35%がアイのブドウだということ。

【スペシャル・キュベ】で3年以上、【グラン・ダネ】で5年以上、【RD】で8年以上熟成させる。

このメゾンのスタイルを決める重要な要素は樽発酵でしょう。

樽発酵というと、クリュッグのイメージが強いですが、クリュッグはMLF無しなのに対して、ボランジェはMLFを行います。

また、使用クリュに関しても、アイ以外には、マレイユ・シュール・アイ、ブジー、ルーヴォワといった、厚みのある味わいのピノ・ノワール、そして、クラマン、キュイ、オジェといった、柔らかい風味のシャルドネが多く使われています。

これらの特徴が、基本となるアイの個性である丸い存在感をさらに強めます。

それが、ボランジェのスタイルになっています。

『樽では熟成させずに、ボトルの中で熟成させる』という考えゆえに、樽風味が感じられない点がよい。

映画『007(ダブル・オー・セヴン)』シリーズでおなじみの、【ジェームス・ボンド】が愛飲のシャンパーニュがこの【ボランジェ】です!! 『007』のジェームス・ボンドが愛飲するシャンパンとして有名で、何度も登場してきているのが、この【ボランジェ】です。

ちょっと、ジェームス・ボンドやボンド・ガール気分で飲まれてはいかがでしょうか? 【ボランジェ】を語るにはなくてはならない“マダム・ボランジェ” 家族経営の利点を生かし、一貫した強い意思の元、そのスタイルを保つ、ボランジェ。

今のボランジェを語には、1971年までの30年の長きに渡り、経営を担っていた人物、【マダム・ボランジェ】を語らなくてはなりません。

彼女は、【RD】、そして、【ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ】の、ボランジェの存在感を確固たるもにした、このふたつのシャンパーニュの生みの親です。

そして、ボランジェが誇る、高い自社畑比率の礎となる、アイ、ミュティニー、グローヴ、ビスイユの畑を手に入れた人物でもあります。

さらには、ボランジェの将来を考え、ボランジェの為に、ボランジェに携わる全ての人の為に、世界中を駆け巡った、ボランジェの歴史上、最も尊敬される人物として、今でも讃えられています。

今のボランジェもそんな彼女の意思、血を受け継ぎ、信念を貫き続けるボランジェの味わい。

自然に備え持っている気品、包容力はそんなところからもきています。

ここ最近の、雑誌等でのシャンパン特集でも、ボランジェを良く目にします。

グラン・メゾンなどでも、定番の一本として数多く選ばれています。

ボランジェの味わいはもちろんのこと、美味しさだけでは語れない、心を高ぶらせるものは、メゾンの創設時からの信念と情熱が、現在のボランジェにも受け継がれているからではないでしょうか?

Leave a Comment