PP:98Pt!

クリュッグ・クロ・ダンボネイ [1995] Krug Clos D'ambonnay [1995] Millesime Champagne 【シャンパーニュ】
クリュッグ・クロ・ダンボネイ [1995] Krug Clos D’ambonnay [1995] Millesime Champagne 【シャンパーニュ】
販売価格 464,832円

Krug クリュッグヴェールを脱ぐクリュッグの奇跡 クロ・ダンボネ!クリュッグが単一畑から造る世界で最も高価で稀少価値の高い、ブラン・ド・ノワール、「クリュッグ クロ・ダンボネ」モンターニュ・ド・ランスはアンボネの村から届いた、「シャンパーニュ・クリュッグ」のいちばん新しい顔は、深いゴールドに輝く最も希少価値の高いブラン・ド・ノワール。

【第二の宝石】ともいうべきブドウ畑!クリュッグの最も新しいシャンパーニュのラインナップ! クリュッグ家5代目のアンリとレミのクリュッグ兄弟は、ピノ・ノワール種の真髄を表現できるブドウ畑を探していました。

つまり、【クロ・デュ・メニル】に続く『第二』のブドウ畑をです。

単一の畑で単一の年に収穫されるシャルドネから生まれるクロ・デュ・メニル。

それにつづく『宝石』はアンボネ村にあったのです。

クリュッグのシャンパーニュに何世代にもわたりエレガントで洗練された風味を与えてくれているテロワールでした。

アンボネ村はモンターニュ・ド・ランスの南側斜面に位置しており、その村のはずれに【クロ・ダンボネ】はあります。

0.685ヘクタールの壁に囲まれた小さなブドウ畑は、小規模な【クロ・デュ・メニル】よりさらに小さく、面積はその3分の1にです。

徹底した職人技のすべてが注ぎ込まれたこのブドウ畑は、最高級のシャンパーニュとなるブドウを生み出す、『黄金の地』へと進化しました。

1995年が最初のヴィンテージです。

この年は夏に好天が続きで、ピノ・ノワールのブドウは芳醇さを持ちました。

さらにクリュッグの伝統的な製法、オークの小樽による一次発酵でその芳醇さはより際立ち、「クロ・ダンボネ」の力強い個性となりました。

ブラン・ド・ブランのクロ・デュ・メニルに続き、クリュッグが創業以来守ってきたルール(独自のスタイルを生み出すためにブレンドを行う)を破る例外がこの【クロ・ダンボネ】です。

このシャンパーニュは、クリュッグの他のどのシャンパーニュよりも長い、12年という熟成期間を経て世界に届けられます。

深く輝くゴールドのなかに、暖かみのある赤銅色がきらきらと光る、その香りからはピノ・ノワールならではの優雅さが感じられます。

ひとたび口にするれば、生き生きとした泡立ちやはじけるような爽快感があります。

それと同時に熟成感と豊かさも感じられます。

ブリオッシュやローストしたアーモンド、砂糖漬けのスパイス、みずみずしい赤い果実の香りが溢れだします。

そのあとにはエレガントな後口が永遠に続くと錯覚するほどです。

この余韻こそ偉大なワイン、荘厳なシャンパーニュであることの証です。

6代目当主であるオリヴィエ・クリュッグは語ります。

「クリュッグが『クロ・デュ・メニル』を発表してから20年以上を経た今、私たちは新たに、希少かつ卓越したシャンパーニュをリリースします。

それは、クリュッグ以外には想像もできなかったであろう特別なシャンパーニュです。

この新しいシャンパーニュは、時間、職人技、そしてクリュッグが最も愛するテロワールの賛美であり、今その完全なる、凛とした姿を現そうとしています。

クリュッグ家は『クリュッグ クロ・ダンボネ』をご紹介できることを誇りに思います」

*商品画像は参考になっております。

お届けは商品名のヴィンテージになります。

【*ご注文の前にご確認ください*】●こちらの商品は【受注発注商品】になっております。

ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。

●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。

予めご了承ください。

その際は必ずご連絡致します。

●通常、到着まで2〜4営業日頂いております。

●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。

●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。

≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方■Information●生産国フランス●地域シャンパーニュ地方 / モンターニュ・ド・ランス / アンボネ村●ブドウ品種ピノ・ノワール100% / 単一畑で少量生産●タイプ白・フルボディ・辛口・スパークリング(シャンパン)●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。

●備考●輸入元 【クリュッグ】【クリュッグ ブリュット 】【クリュッグ ミレジム 】【クリュッグ ヴィンテージ 】【クリュッグ グラン キュヴェ ブリュット】【クラスマン】【クリュッグ シャンパーニュ 】【ギフト箱入り 】【AOC シャンパーニュ】【パーカー】【ゴーミヨ】【ルイ・ヴィトン シャンパン】【クリュッグ シャンパーニュ】【AOCシャンパーニュ 】【高級シャンパーニュ】【クリュッグ グラン キュベ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】Krug クリュッグKrugクリュッグ最高峰シャンパーニュ!ロバート・パーカー5ッ星★★★★★生産者!!ゴーミヨ誌も5ッ星★★★★★評価のメゾン!比類なきシャンパーニュ、世界で絶大な地位を確立し、君臨する『KRUG(クリュッグ)』!『クリュギスト』 クリュッグを愛する方達をこう呼びます。

それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも別格とされるシャンパン・メゾンなのです。

世界三大クリュギストは、「ファッション界の女王ココ・シャネル」、「文豪ヘミングウェイ」、そして「希代の歌姫マリア・カラス」だといわれています。

私自身、始めてクリュッグを飲んだ時、期待の大きさに負けない素晴らしさを感じました。

生産量の少なさだけが特別扱いされる理由ではありません。

やはり、この人々を感動させる威厳と風格があるシャンパーニュだからでしょう。

クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? 1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させてきました。

★価格をある程度高く保つ事により、一切妥協の無いシャンパン造りをしている。

★全てのワインはオークの小樽で熟成する。

★第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵はしません。

逆に、第2次発酵は時間をかけゆっくり行われる。

(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香り等…、クリュッグを語るにはなくてはならない特別な個性が生まれる。

そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。

あらゆる要素を感じます)

★クリュッグとっては、スタンダード・クラスにあたる、『グラン・キュベ』ですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用し、そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。

★これほど高品質なワインなので長熟が可能。

グラン・キュベですら、5〜7年間、酵母と共に熟成させた後、初めて出荷されます。

クリュッグは実在するシャンパンの中で、最も高価であり、生産量の少なさの為、最も消費量の少ないシャンパンと言えます。

だから、その名声は実際より、もっと伝説的に語ってしまい、そうしたことでワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ち、やっかみ、批判の対象になりやすい。

だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。

その一方、クリュッグの愛飲者達は崇拝し『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない』

事を、喜びとしている。

《批判者達と崇拝者達》 この対照的な両者は、盲目の2人がムラサキ色と藤色の違いに付いて論議しているようなものです。

以前、私は『クリュグ自身が、クリュギストになりすぎている』

と、批判した。

クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。

それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。

『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、ロールス・ロイスは只の車と言う事であり、法王は只の牧師と呼ぶのと同じ事です』

彼の例えは、明確でした。

『ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。

そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ』

こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話です。

『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。

まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです』

と言うのだ。

通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。

この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。

グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。

実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。

まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎます。

もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。

だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。

(トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) クリュッグの哲学 KRUG PHILPSOPHY クリュッグ。

それは、他に比べるもののない至高なシャンパーニュ。

創業以来1世紀半にわたり受け継がれてきたクリュッグ家のシャンパーニュづくりは、他とは一線を画します。

「最高のシャンパーニュのためにはあらゆる努力を惜しまない」という考え方とクリュッグ独自のシャンパーニュ製法を、忠実に守り続けています。

キュヴェのブレンドは、クリュッグの味とスタイルの記憶を代々受け継いでいる一族のみで行っています。

一切の妥協を許さないその姿勢こそが、まさにクリュッグのシャンパーニュを語るときに欠かせないのがオークの小樽。

樽職人たちが年間を通じ、非常な手間とコストをかけて手入れをしつづけています。

クリュッグに複雑さと深み、長熟成をもたらす、この205リットルの小樽は、30年以上もの長い間使われています。

原料となるすべてのワインをオークの小樽で第一次醗酵させているのは、いまではクリュッグのみ。

そこにもクリュッグの高い品質と独自の味わいへのこだわりがあります。

ブドウは、最上の一番搾りのみを使用。

異なる畑、異なるブドウ品種、異なるヴィンテージごとの膨大な種類のブレンド用ワインをストックしています。

これこそが彩り豊かで、深い味わいのクリュッグを生み出すもとなのです。

Leave a Comment